指定商品・指定役務の区分とは

指定商品・指定役務の記載は「私は商標をこの商品・役務 (商標法ではサービスのことを「役務」といいます)に使います」と宣言するものです。

商標は出願人が実際に商品・サービスを販売しているものにだけ信用が蓄積するため、同じ商標であっても取り扱う商品やサービスが異なれば顧客が間違うことがないため、異なる出願人に同じ商標の登録が認められています。

また、商標登録を先取り的に独占しようとする人や、商標を他人に売りつけて儲けようとする人(商標ブローカー)による被害を防ぐため、指定商品・指定役務は実際に事業を開始している(近いうちに開始する予定の)商品・サービスだけを記載すべき、という各種のルールが設けられています。