商標登録は後出しが認められている

10年以上前から自分が使用している商標なのに、いつの間にか他の会社に商標登録されていた、なんてニュースが以前ありました。結論から言えば商標登録は他人が使っているのを見てから後出しで登録することが可能です。

日本の商標制度では商標登録をした人にだけ商標権を認める「登録主義」と、一番最初に商標登録の手続をした人に商標登録を認める「先願主義」の2つを採用しており、実際にどちらが先に使い始めたかは関係ありません。

後出しで商標登録されてしまった人への救済策として、一定の条件を満たせば商標を継続して使用することができる「先使用の権利」がありますが、商標を継続して使用したいのであれば誰かに先に登録されてしまう前に自分で商標登録を済ませておくのが一番の防御策です。