「国際特許」「世界特許」というものは存在しません

「国際特許取得済みの画期的な新商品です!」

という広告の謳い文句を一度はご覧になったことがありませんか?現行の特許制度ではあらゆる国の間で有効になる「国際特許」「世界特許」というものは存在しません。「国際特許出願」という1度の手続で複数の国に特許出願をすることができる制度は存在します。また、欧州特許庁やユーラシア特許庁のように出願だけでなく、権利化自体も複数の国で行うことのできる地域もあります(「広域特許」といいます)。

今日では「国際特許」というフレーズは一種の権威づけとしての意味しか持っておらず、悪徳商法の代名詞のような扱われ方をしているのであまり推奨はしていません。酷い例だと国際特許と謳っていながら、調べてみたら韓国で出願しただけで特許は取っておらず、しかも出願人は赤の他人、というのもありました(筆者実体験)。