実用新案とは何か

「平たく言えば、無審査で取れる特許のことです」→最高じゃん!

特許権は独占排他権ですが、実用新案を登録すれば独占排他権が無審査で手に入ることになります。ですが世の中そんなに甘いわけがありません

  • 権利行使するには特許庁の審査官が作成した評価書が必要
  • 権利行使した後に登録が無効になると損害賠償責任
  • 化学物質・ソフトウェアなどは対象外
  • 存続期間が特許よりも短い

このように数多くのデメリットがあるため(特に損害賠償責任が大きいです)、実用新案登録出願の件数はあまり多くありません。もし実用新案を活用するなら意匠登録との併用などの工夫が必要です。