安全な取引は契約書作りから始めましょう

最近はインターネット上で様々な契約書の雛形をダウンロードできるようになりました。ですがその雛形に自分の名前と住所を書いただけで満足するのは危険です。「言った」「言わない」の争いを回避するために契約書を作った筈なのに結局争いが起きてしまったら契約書を作る意味がありませんね。

契約書は法的に適正であることはもちろんですが契約当事者の法律に対する理解力を考慮した文面作りが必要です。

こんな契約書が作れます(この他にもお気軽にご相談ください)

  • ホームページ(WEBサイト)制作業務委託契約
  • 商品化許諾契約、キャラクター使用許諾契約
  • NDA(機密保持契約)